運転代行のやりがい

運転代行ってどんなお仕事?
運転代行という仕事は、車の所有者の代わりに代行で車を運転するお仕事です。代行で運転する人は、2人ペアになって随伴車に乗って現地へ向かいます。そして片方はお客さんの車に代行ドライバーとして乗車し、もう片方の人はそのまま随伴車に留まります。その後、ドライバーが乗ったお客さんの車と、随伴車がいっしょにお客さんの自宅ないしは目的地へ向かいます。
お客さんを目的地へ送り届けた後、再度2人で随伴車に乗って営業所へ帰るといった職務内容になります。ペアのどちらかがお客さんの車を運転するわけですが、これは交代制になっていたり、保持している免許の種類によって代行運転する人が決まったりする場合もあります。

最新投稿日 2017/05/14

  • LINEで送る

運転代行のやりがいって?

そんな運転代行業務のやりがいは、どんな時に感じるのでしょうか?やはり一番大きなポイントは、普段自分が運転しない車をたくさん運転することができるというところでしょう。

当然ながら、お客さんの車に傷を付けるようなことがあってはいけないので、細心の注意を払いながら運転するわけですが、時には普段運転できないような高級な外車なんかを運転するような機会もあります。車好きの方にとっては、そんな車の運転ができるだけでも、素晴らしい経験になることでしょう。

また、高級車に限らず、あらゆるメーカーのあらゆる車種を運転することができるとあって、車好きにはもってこいの職業であるといえます。

 

送迎・観光のノルワークス求人はコチラ

他にも、無事お客さんを希望の目的地へ送り届けた際に味わえる達成感というのもかけがえのないものです。送り届けた際に、お客さんから「ありがとう」と感謝の言葉を述べられることもあるでしょう。そんなふとしたときに、運転代行という職務にこの上ないやりがいを感じるのではないでしょうか。

 

運転代行はこんなメリットも?

運転代行という仕事はこれらの他にもメリットがあります。それは、比較的自由時間が確保できるという点です。お客さんが来るまで車内で待機している時間なんかは、車内に居れば何をしていても問題ありません。テレビを観るもよし、勉強するもよし、スマホをいじるのもよし、自由です。

また、仕事そのものに特別なスキルが要求されないという点も大きなポイントです。とりわけ難しい技術を身に着けなければならないというわけでもなく、新しいことを覚えなければならないということもありません。新しい物事を覚えたり、スキルを身に付けたりするのが苦手だと感じる方にとっても向いている職業だと思います。

 

運転代行はどんな人に向いている?

運転代行に向いている人は、第一に、車の運転が好きだという人。言うまでもなく車の運転をすることがメインの仕事なので、運転することが楽しくないという方には不向きでしょう。

また、道路などの交通状況を判断しながら運転することが苦手という人にも向いていません。逆に、そういった判断がシーンごとで的確にできる、また運転操作が得意という方にはうってつけのお仕事です。

強いてそれ以外の点を挙げるなら、人とコミュニケーションをとるのが好きな人はより向いているかもしれません。お客さんと会話をする機会も少なからずあるので、そういった際に上手く会話をするスキルがあれば、お客さんとのコミュニケーションを楽しみながら運転することができますね。

 

まとめ

運転代行というお仕事は、仕事柄いろんな種類の車を運転することができるので、車好きの方にはとくにおすすめの職業です。また、お客さんを目的の場所まで送り届けたときの達成感といったものも、やりがいに繋がるお仕事です。車を運転することがメインの業務となるので、単純に運転が好きな方にも向いているお仕事です。

送迎・観光のノルワークス求人はコチラ
もっと読む