運転代行の活躍

ここ数年で急激にその数を増やし続けているのが「運転代行」というビジネスです。これはお酒を飲んだ帰りのお客様などの代わりにお客様の車を運転し、無事に目的地まで車とお客様を輸送するというのが主な業務となっており、これを実行するのが運転代行ドライバーとなります。実はこの仕事、単なる運転手というだけではありません。そこには法の番人とも言うべき、立派な社会貢献も隠されているのです。今回はそんな部分にもスポットを当て、活躍について見てみましょう。

最新投稿日 2017/08/18

  • LINEで送る

そもそも運転代行運転手とはどんな仕事?

  そもそも運転代行とは、どの様な仕事なのでしょうか? 冒頭でも少し触れましたが、原則的に運転代行ドライバーはお客様からの依頼を受けて、あるいは事前に予約などで申し合わせておいてから現場に向かい、お客様の車を預かる事から仕事がスタートします。その後はお客様の車を運転し、目的地まで安全かつ効率的に車とお客様ご本人様を輸送していくことになります。輸送完了後は別についてきている車両に乗り込み、再び次の現場へ向かうか、あるいは帰庫するのが一般的な運転代行の仕事の流れとなっています。
送迎・観光のノルワークス求人はコチラ

酔客の非常に強い味方に

  運転代行を依頼されるのは「行き」で車に乗ってきたにも関わらず何らかの理由でアルコールを召し上がる事になってしまい、その結果として車を置いていくわけにも行かないし・・・と悩んでいるお客様が一番多いのではないでしょうか。   特にセキュリティや防犯の面から、泊めている駐車場が宿泊NGになっている兼ね合いから、様々な面で飲酒をされているお客様は何とかして車を一度自宅へ持って帰りたいという気持ちが働きますので、そういった時に運転代行ドライバーは非常に魅力的なのです。   また運転代行ドライバーが居るからこそ、普段は車通勤のため会社の飲み会や地元の仲間うちでの飲み会に出席出来ないという人でも安心して飲み会に参加をすることが出来るようになり、その結果として人間関係をより深める事が出来たり、あるいは壊れそうだった人間関係が修復できたり、そういった一種の「化学変化」が起こると考えることも出来ます。事実そういった考えを持つお客様も多くいらっしゃり、実際に現場で「あなた達が居てくれたから今日は安心してお酒を飲むことが出来ました。どうもありがとう」とお声がけを頂けるケースもあるなど、非常に活躍を感じる事が出来るシーンが多いのも特徴の1つです。    

飲酒運転を無くす法の番人的な側面も

  こういった側面の他に、もう一つ運転代行ドライバーの活躍する側面があります。それが「飲酒運転を減少させる法の番人」的な側面です。これはやはり運転代行ドライバーが居るのなら別にリスクを侵してまで自分で車を持って帰る必要が無いと感じるお客様も多く、また実際に飲酒運転をするかもしれなかったお客様が1人世の中から減ることになるわけですから、これは立派な社会貢献、ひいては事故などの悲しい出来事を阻止すると言う面でも非常に重要な活躍となっています。  

その他ケガなどで運転が出来ないドライバーの足にも

  その他、何も運転代行は飲酒されているお客様だけのものではありません。もちろんメインとなるお客様は酔客となりますが、それ以外にも突発的なケガなどで運転が非常に難しくなってしまい、それでも一度自宅や会社まで車を持って帰らなければならないお客様など、そういったお客様の対応も運転代行ドライバーの役目であり、活躍の一幕です。   こちらはより社会貢献度の高い仕事であり、特にタクシードライバーなどはこういった業務が出来ませんので、運転代行ドライバーにしか出来ない社会貢献でもあるのです。  

まとめ

この様に運転代行ドライバーという仕事は最近急成長を遂げているものであり、そして同時に世の中から飲酒運転や事故などの悲しい出来事を減らすのにも一役買っているという事がわかりましたね。特殊な仕事なため、その使命感も充実感も、非常に重いものがあるお仕事ではないでしょうか。
送迎・観光のノルワークス求人はコチラ
もっと読む