ドライバーになるには

トラックドライバー・運転手のお仕事
ドライバーになるには

平成19年の免許制度改定により、若い方がトラックドライバーになるためのハードルが増えてしまいました。まずは所持免許で運転できる車両からステップアップしていき経験を積んだうえで、所持免許より大きい免許を取得していくことが大切です。

上位免許取得支援制度のある会社もありますので、そういった会社でキャリアアップしていくのもいいかもしれません。実際に大型トラックの免許を取得する費用なども負担してくれる企業も、かなり増えてきております。

現在の日本で「トラックドライバー不足」と騒がれております。その背景から、経験者などは会運送会社から必要とされております。

昔は「免許一枚で稼げる仕事」という認識の業界だったようですが、現在では「運送業はサービス業である」という認識が一般的となっているので、荷主や配送先への配慮や、輸送品質等も厳しく求められています。 ドライバー未経験でも、接客や営業経験のある方が活躍されている業界です。