産業廃棄物回収 運転手の待遇・福利厚生

記事更新日:2022/09/26

産業廃棄物とは、閉店したお店などにある使われなくなったテーブルや椅子、更には事業活動に伴って出た、廃棄油や、汚泥、廃プラスチック等の国で決められた廃棄物のことを言います。こういった廃棄物は普通ゴミにすてることはできないので、産業廃棄物として捨てなくてはならないのです。そんな産業廃棄物ですが、こちらのお仕事は誰でも出来るというわけではなく、産業廃棄物作業をする人がいるのです。そして産業廃棄物を回収するにあたって車両を運転しているのが、今回ご紹介する、産業廃棄物回収運転手になっています。こちらの産業廃棄物運転手とは具体的にどのようなお仕事をしているのか、また本日のテーマにもなっている「産業廃棄物回収運転手の待遇・福利厚生」についても解説していきます。 それでは早速みていきましょう。


産業廃棄物回収運転手とはどのようなお仕事になっているのでしょうか。

最初に産業廃棄物回収運転手とはどのようなお仕事になっているのか解説していきます。こちらのお仕事は事業主からの依頼があるとその事業場所まで向かい廃棄物を回収にあがります。

そして的確に回収をし、決められた場所まで廃棄物を安全に運んで行くというお仕事になっています。またこちらのお仕事は毎日1日に数件の廃棄物を回収しますので、1日に1件というのはまずないという事が言えますので、こちらのお仕事は的確な判断とスピードが必要になります。またこちらのお仕事は工事現場や建築現場などで出た木材や繊維くずパイプといったものも回収しています。

建築現場や家の解体家を建てるときに大きなゴミ箱をみたことはありませんか?そんなゴミも産業廃棄物として扱われるので、回収を依頼し産業廃棄物回収車が回収にいくようになっています。

それでは次にこちらの産業廃棄物回収運転手の待遇・福利厚生についてみていきましょう。

昇給制度


1つ目の産業廃棄物回収運転手の待遇・福利厚生をみていきましょう。それは、「昇給」があるという事です。こちらの昇給は年に1度という会社が多いようです。お給料に変動はないよというと「こんなに頑張っているのに・・・」と思ってしまうでしょうが、昇給が年に1度はあるという事で1年頑張って更にまた1年頑張れるようになるのではないでしょうか。


昇給といっても沢山あがるわけではないですが、ちりも積もれば山となるという言葉がある通り入社してからのお給料と比べると何年も勤めていればよくなっているに違いありません。



賞与もしっかり!


2つ目の産業廃棄物回収運転手の待遇・福利厚生とは何があるのでしょうか。それは、「賞与」があるという事ではないでしょうか。賞与とはボーナスですので年に2度あるところが多いでしょう。またボーナス自体がないという仕事もありますからこちらの仕事にはあるので嬉しい待遇になっているのではないでしょうか。


ボーナスを貯めて旅行へ行ったり、マイホーム資金をためたりと考えるだけでも楽しい気分にさせてくれるのがボーナスです。なので、2つ目の待遇や福利厚生は「賞与」があるという事になります。



家族手当


3つ目の産業廃棄物回収運転手の待遇・福利厚生とは何かみていきましょう。最後の3つ目の待遇・福利厚生は、「家族手当」があるという事ではないかと考えます。家族をもっている人にはとても嬉しい待遇になっていると言えますね。


さきほどもお伝えしましが、昇給があり家族手当があると入社直後の収入とは比べられないほどのお給料になるのではないでしょうか。入社直後は家族もなく独り身であっても数年後には世帯を持つとなると、手当てが増えて安定した生活が出来るようになりますよね。


なので、最後の3つ目の待遇・福利厚生は「家族手当」だと言えます。



まとめ

いかがでしたか?今回は「産業廃棄物回収運転手の待遇・福利厚生」というテーマでお送りしました。こちらのお仕事は世帯を持っている人にはとても強いみかたになっているでしょう。今回の「昇給」、「賞与」、「家族手当」以外にも待遇や福利厚生はありますので調べてみるといいでしょう。

に関連する

求人一覧

この記事の監修・著者プロフィール(株式会社ノルワークス 編集部)

ノルワークスロゴS
※記事関する問い合わせは受付しておりませんので、ご了承下さい。

配信中の記事では、職種ごとの詳細な仕事内容、エリア情報、就職に役立つ資格の解説、ビジネス用語・経済ニュースの解説など、社会人として押さておきたい基本的な知識や最新情報をお届けしています。

ドライバー専門の求人サイト、ノルワークスが「ドライバー」・「車」にまつわる様々なトピックをご紹介します。是非お仕事選びの参考にしてください!

人気コラムランキング