大型車両回送運転手のつらいこと・大変なこと

記事更新日:2022/09/26

みなさんは大型車両回送運転手ってご存知でしょうか。工事現場などの特殊作業をする時に使われる大型の工事用作業車を必要に応じリース(レンタル)をしたり、会社で所有している車両を車庫から出して現場へ運ぶのですが、この時に活躍するのが大型車両回送車なのです。そして現場が終了した際もまた、大型車両回送車を返しに行くのですが、これらを回送する運転手が、今回ご紹介させていただく「大型車両回送運転手」なのです。そこで今回のテーマ「大型車両回送運転手のつらい事・大変な事」という部分と、どのような仕事内容になっているのかを解説して行きます。


大型車両回送運転手とはどのようなお仕事なのでしょう?
では最初に大型車両回送運転手とは、どのようなお仕事になっているのか紹介します。
こちらのお仕事は、先程も少し解説しましたが、各工事現場や、大型車両を使っての作業が必要な時に、現場に応じた大型車両を現場まで運んで行くお仕事になっているのです。
そして、現場作業が終わり次第、回送運転手が、元のあった場所に戻すというお仕事なのです。こちらの大型車が会社の持ち物であってもリースであっても回送運転手が現場で仕事する事はあまりないのではないでしょうか。
こちらの大型車両とは、砂や、土、雪等を運ぶ時に使う、ダンプカーがあるかと思います。他には車両総重量が11t以上のトラックを大型車両と呼ぶのです。
こちらのダンプカーでしたら見かけたこと、ありませんか?土や砂などを積んで、道路を走っているトラックを、その大きいダンプカーが大型車両になるのです。
こちらのダンプカーは、ショベルカーとだいたいはセットになっているので、ショベルカーがダンプカーに砂や土を積むというようになっています。そのさいにショベルカーが入れやすい位置に移動をしたり等をするのです。こういった回送作業や、砂や土雪等を入れてもらうといった事をするお仕事なのです。
次にこちらのお仕事にはどのようなつらい事や大変な事があるのでしょう、確認していきましょう。

まずは免許が必要


こちらの仕事についてのつらい事や大変な事は免許の取得になるのではないでしょうか。こちらの仕事をするにあたって必ず必要になるのが免許になります。こちらの免許は大型免許が必要になるのです。大型免許にも2種類あり、


[大型自動車第一種免許][大型自動車第二種免許」といった2種類に分かれていて、[大型第一種]とは、トラックや、ダンプカー、タンクローリーなどの、乗車定員が30名以上、最大積載量が6,5t以上の車を運転する時に必要になります。


[大型第二種]とは、路線バスや観光バスなど、乗客の定員が3お名以上の営業用の車を運転する際に必要になってくる免許になっています。


なので、ここでは、大型第一種免許が必要になるかと思います。昔は18歳からの免許取得が可能でしたが、事故が大変多く運転期間が3年以上である事が決められました。そのため最低でも満21歳にならなくては大型免許の取得はできないようになっているのです。


運転期間が3年ないと免許がとれないと言うことは、普通免許も必要と言う事になりますね。なので、大型免許をとるのであれば普通免許も必要と言う事になるのです。こちらの仕事は大型の免許がなくてはならなく免許取得から3年は取得出来ないといった事があるので大変なように思います。


人間関係


こちらの仕事についてのつらい事や、大変な事は、人間関係ではないでしょうか。


工事現場などで使われる大型車両ですと、ダンプカーとショベルカーが2つで1組といった形になることが多いのではないでしょうか、そこで下手な事をしてしまうと当然ショベルの人はお怒りに・・・誘導されたところへちゃんといかなければならないという点と1人でやっているわけではないという点では大変な仕事だと考えられます。


こちらのお仕事をするにあたっては人間関係がとても重要になってくるのではないでしょうか。これに関してはレンタルであっても、所有物であっても同じくらい大変だということが分かります。


比較的拘束時間が長いこともある


最後にコチラのお仕事についての大変な事は拘束時間が長いと言う事になるのではないでしょうか。こちらのお仕事は、ダンプカーの荷台がいっぱいになるまでは待っていなければなりませんし、そのいっぱいになった物を、違う所へと運んでいきます。


そして戻ってまた同じことを繰り返すのですが、拘束時間以上に長く感じる事もあるのではないでしょうか。同じことを一日いっぱい繰り返す毎日繰り返すと言う事は飽きてきてつらいと思う事もあるかと思います。また、現場によっては、現場仕事をしなければならない時もあるかと思います。


そういった運転と現場の作業の2つをすると言うことは人よりも働いていると感じ大変に思うこともあるかもしれませんね。


まとめ


いかがでしたか?


今回は「大型車両運転手のつらい事・大変な事」をテーマで解説してきました。


どんな職業にも必ず辛いことや大変なことはあるのですが、こちらの仕事はこのような辛いことや大変な事があることがわかりました当サイトでも大型車両運転手の求人情報などを掲載していますし、そのため業種に関しても情報を多数掲載していますので、まずは自分に合った職業をこちらのサイトから探してみてはいかがでしょうか。


この記事の監修・著者プロフィール(株式会社ノルワークス 編集部)

ノルワークスロゴS
※記事関する問い合わせは受付しておりませんので、ご了承下さい。

配信中の記事では、職種ごとの詳細な仕事内容、エリア情報、就職に役立つ資格の解説、ビジネス用語・経済ニュースの解説など、社会人として押さておきたい基本的な知識や最新情報をお届けしています。

ドライバー専門の求人サイト、ノルワークスが「ドライバー」・「車」にまつわる様々なトピックをご紹介します。是非お仕事選びの参考にしてください!

関連記事

人気コラムランキング